サイエンスフォーラムホームページ>過去の話題>技術>航続距離世界一(民間機)


(4) 後続距離世界一(民間機)
Chryso
2005年02月16日(水) 14時09分

エアバスA380にとりあえずジャブを食らわせるつもりか、ボーイング777−200LR型、第1号機が完成、披露されました。 

http://www.boeing.com/news/releases/2005/q1/nr_050215g.html 

日本ボーイング社にはまだ発表がありません。 

エアバスが乗客世界一ならば、こちらは、民間機での航続距離世界一。 
301人の乗客を乗せて、ニューヨーク−シンガポール間、またロサンゼルス−ドバイ間が途中給油不必要。最大17,446キロをノンストップでフライトできるということです。 

飛行機の改良、特に燃費の改善、総合的にいろいろやっているんですが、印象的なのはCADの導入で、正確な図面が引けるようになり客室のシートやボックスの配置の際にどうしても必要だった「シム」が大量に不必要となり、その分軽量化できた、というものがあります。767の時代からだそうです。 

Chryso





Copyright© 2007 FSCI All rights reserved.