サイエンスフォーラムホームページ>過去の話題>技術>高容量リチウム電池


(13) 高容量リチウム電池
Chryso
2005年03月04日(金) 22時59分

日経。
松下電池工業は業界最高レベルの高容量リチウム電池の開発に成功、10月から生産開始。稼動時間が15%延びるとのこと。

正極に従来のコバルト酸ではなくニッケル酸を採用。

正極材料の表面を数ナノメートルの層でコーティングして電解液と反応がおきることを抑え、正極の安定性をコバルト酸と同レベルに高めた。
その結果体積エネルギー密度は従来品より15%向上して1リットルあたり600ワット時となった。

ナノテクノロジーでこういう問題を解決できるんですね。
9時間使えるパソコンがあと1時間使えるようになります。

Chryso





Copyright© 2007 FSCI All rights reserved.