サイエンスフォーラムホームページ>過去の話題>総合紹介>【書籍】 「ミニ旋盤を使いこなす本」


(11) 【書籍】 「ミニ旋盤を使いこなす本」
テスラ
2005年06月16日(木) 20時42分

「ミニ旋盤を使いこなす本」 久島諦造 著
                誠文堂新光社   1990年9月出版   \4,100-
「   〃   (応用編)」  〃    
                    〃         1996年3月出版  \4,300-

 著者の久島諦造氏は1921年生まれ、大阪帝国大学工学部卒業後、大学助手を経て、医療機械メーカー、カメラメーカーなどに勤務され、仕事の傍らオーディオ、模型のマニアでもあられる。お歳なので現在お元気かどうか不明ですが。
 この本をお薦めする理由は、旋盤と呼ばれる工作機械の使い方の解説書ではありますが、理工系大学などで用いられる工作機械とは何ぞや的な教科書ではなく、著者が長年自らの手を動かして体得された、それもご趣味の鉄道模型の部品などを題材に諸々の細かい創意工夫、テクニックなどが惜しみ無く掲載されていて(世間一般では所謂職人はそうした会得したノウハウを口外しないし、積極的に後輩に伝え様とはしないものですが)、出版側の添え書きにもプロにもアマにも、と有ります様にとても参考になります。最近の事情は定かでありませんが、多分、研究所や大学の研究室などには隣接して色々工作をする部屋が有ると思います。そんな所にもあって良い本の一つだと思います。
モノ作りの最前線はやはり自ら切った張ったの世界です。最近日本はキーボードを叩く時間が増えた半面、こうした工作作業の時間が不足してると感じてます。是非こうした先人の知恵を伝承して欲しいと思います。

                         2005/6/16 テスラ





Copyright© 2007 FSCI All rights reserved.